システム導入のメリット

経営体制の見直し

経営体制の見直し

従来の流れ(例:組み付け加工製造業)

受注業務より発生する、社内製造加工工程と外注加工工程を経理担当者様及びプロダクトマネージャー様が選定し、現場の作業工程をまとめた指示書を作成する。社内製造加工の作業時間は、作業者が記入した日報などからエクセル等の表計算ソフトなどにまとめて記録する。外注加工費などもエクセル等により一元管理。社内製造加工時間の見積もり時間や実稼働時間の累計計算や外注加工費用の月末累計計算・社内製造加工に使用された原材料の使用累計などは、手作業による計算処理やエクセル等の計算機能を駆使して行われていた。

従来の方法のデメリット

過去の伝票を探すのが大変。
経理のデータ計算の処理に手間や時間がかかる。
現場指示書・外注依頼書・納品書・日報などの帳票を手書きする必要がある。

経営体制の見直し

導入システムの流れ(例:組み付け加工製造業)

現場指示書

経理担当者様及びプロダクトマネージャー様は生産管理システムを操作して受注業務により発生する。社内製造加工工程と外注加工工程を選定して、生産管理システムのフォーマットに合わせて生産工程票を作成します。生産工程表内には、工程ごとに予め登録した組み付け工程が表示され、組み付け工程名、作業見積もり時間、納期、社内及び外注先名、材料名・材料重量などを順番に登録していく、作業見積もり時間累計、工程別作業見積もり時間累計、外注先別の色分け表示、社内行程の完了・未完了、社内工程見積もり時間、日報から抽出した社内工程実働時間、社内工程別加工時間累計、外注別加工時間累計・金額累計、使用材料重量・単価・金額、などが閲覧でき、各入力値を変更しても、表示の際に自動計算して、瞬時に表示することができます。

日報管理

社内の生産加工工程の生産番号・工程番号をもとに、社内作業者から上がってきた日毎の作業終了の生産番号、工程番号の作業時間 作業日時、作業者名、作業工程の完了・未完了、その他必要事項を登録していきます。 社内作業と組み合わせたデータ構造をもつため、社内の生産状況の分析の際に実動作業時間と見積もり作業時間を比較分析することができます。

納品管理

日報登録に合わせ、生産指令表の工程別、完了・未完了の記録や生産指令表納期の検索などから納品物のデータを管理することができます。

外注依頼

生産指令表作成時に、社内工程とは別に外注する工程の外注先の指定から得たデータから 工程別の外注品目、外注品目数、外注加工単価、外注加工金額を登録し、外注伝票検索表示、検索結果合計金額、郵送用外注先別集計表月別支払表出力、外注先別絞日設定などの管理ができます。

データ分析・経営支援

生産指令表・外注管理・日報管理などから得たデータから、収入・支出の金額計算や社内加工工程におけるロス時間の計算、見積もり時間と実動時間の比較、使用材料の合計、使用材料の金額合計などが閲覧できます。

帳票印刷

生産指令表印刷、月毎日報印刷、外注伝票印刷、月毎外注先支払表、月毎外注伝票集計表

システム導入後のメリット

データ入力から自動で帳票作成が可能
データ分析・計算処理が正確で瞬時にできる
外注先ごとの集計やデータ分析を行える
過去のデータを検索・期間集計や項目別集計を行える
他部署や現場からデータ閲覧や登録が行える