BLOG

oVirtで複数のKVM環境を管理する (インストール編)

WS000179

 

oVirtはKVM仮想環境にダッシュボード機能を追加するソフトウェアです。
KVMの管理ツールにはvirt-managerやvirshが存在しますが、
何十台という仮想ホストマシンが存在する環境では管理が非常に大変です。

 

VMware(vSphere)ではvCenterによって複数のホストサーバーを管理する事ができますが、
KVM向けには長らくこのような位置付けとなるソフトウェアが存在していませんでした。
2010年夏にRed Hat社がoVirtをベースとしたRHEV2.2を発表した後、
oVirtの開発スピードは飛躍的に向上し、現在はバージョン3.2がリリースされています。

 

■ 管理コンソールの導入
oVirtはダッシュボード機能を持つ管理コンソール(oVirt-engine)と、
仮想ホストサーバー(vdsm)に分かれます。
まずは管理コンソールのインストールから進めたいと思います。
※管理コンソールには最低2GBのメモリが必要です。また各サーバーにはFQDNの逆引きができるようにしてください。
 メモリが足りない場合には以下のエラーが表示されます。
 Error: Not enough available memory on the Host
 (the minimum requirement is 2048 MB and the recommended is 4096 MB).

・リポジトリの追加とインストール

cd /etc/yum.repos.d
wget http://dev.centos.org/centos/6/ovirt/ovirt.repo
yum -y install ovirt-engine

・ovirt-engineの設定

# engine-setup
--------------------------------------------------
Welcome to oVirt Engine setup utility
In order to proceed the installer must stop the ovirt-engine service
Would you like to stop the ovirt-engine service? (yes|no): yes
※設定を開始するためにはovirt-engineを停止しますのでyesと入力し[Enter]を押下します。

oVirt Engine uses httpd to proxy requests to the application server.
It looks like the httpd installed locally is being actively used.
The installer can override current configuration .
Alternatively you can use JBoss directly (on ports higher than 1024)
Do you wish to override current httpd configuration and restart the service? ['yes'| 'no'] [yes] :
※Apacheに設定を行うにはそのまま[Enter]を押下します。

HTTP Port [80] :
※HTTPの待ちうけポートです。変更する場合は入力してください。

HTTPS Port [443] :
※HTTPSの待ちうけポートです。変更する場合は入力してください。

Host fully qualified domain name. Note: this name should be fully resolvable [kanri.example.com] :
※FQDNを入力します。表示された内容で問題なければそのまま[Enter]を押下します。

kanri.example.com did not resolve into an IP address
User input failed validation, do you still wish to use it? (yes|no): yes
※(FQDNの逆引きができない場合のみ表示)逆引きができない場合、そのまま進みますかと聞いてきますのでyesと入力します。

Enter a password for an internal oVirt Engine administrator user (admin@internal) : 
※管理者のパスワードを入力します。

Confirm password :
※再度パスワードを入力します。

Organization Name for the Certificate [example.com] :  
※SSL証明書を使うための設定です。
 通常はドメインが使用されますが、表示された内容で問題なければそのままOKを押下します。

The default storage type you will be using ['NFS'| 'FC'| 'ISCSI'| 'POSIXFS'] [NFS] :  
※標準のストレージは初期構成だとNFSになりますが変更する場合は他のを入力します。
 表示された内容で問題なければそのまま[Enter]を押下します。

Enter DB type for installation ['remote'| 'local'] [local] :  
※管理用データベースにはPostgreSQLが用いられますが、
 ローカルに置く場合はそのままOKを押下します。変更する場合はremoteを入力します。

Enter a password for a local oVirt Engine DB admin user (engine) :  
※管理用データベースの管理者パスワードを入力します。

Confirm password :
※再度パスワードを入力します。

Configure NFS share on this server to be used as an ISO Domain? ['yes'| 'no'] [yes] :  
※isoファイルを置くためにはNFSサーバーが必要です。
 管理サーバーをNFSサーバーと兼用する場合には[Enter]を押下します。

Local ISO domain path [/var/lib/exports/iso] :  
※isoファイルを置くためのNFSサーバーの公開パスです。
 変更がなければこのまま[Enter]を押下します。

Firewall ports need to be opened.
The installer can configure iptables automatically overriding the current configuration. The old configuration will be backed up.
Alternately you can configure the firewall later using an example iptables file found under /etc/ovirt-engine/iptables.example
Configure iptables ? ['yes'| 'no']: yes
※iptablesの設定を行うかどうか聞いてきますのでyesと入力してください。

oVirt Engine will be installed using the following configuration:
=================================================================

override-httpd-config:         yes
http-port:                     80
https-port:                    443
host-fqdn:                     kanri.example.com
auth-pass:                     ********
org-name:                      example.com
default-dc-type:               NFS
db-remote-install:             local
db-local-pass:                 ********
nfs-mp:                        /var/lib/exports/iso
config-nfs:                    yes
override-iptables:             yes

Proceed with the configuration listed above? (yes|no): yes
※上記内容で問題なければyesと入力します。

Installing:
Configuring oVirt-engine...                              [ DONE ]
Configuring JVM...                                       [ DONE ]
Creating CA...                                           [ DONE ]
Updating ovirt-engine service...                         [ DONE ]
Setting Database Configuration...                        [ DONE ]
Setting Database Security...                             [ DONE ]
Creating Database...                                     [ DONE ]
Updating the Default Data Center Storage Type...         [ DONE ]
Editing oVirt Engine Configuration...                    [ DONE ]
Editing Postgresql Configuration...                      [ DONE ]
Configuring the Default ISO Domain...                    [ DONE ]
Configuring Firewall (iptables)...                       [ DONE ]
Starting ovirt-engine Service...                         [ DONE ]
Configuring HTTPD...                                     [ DONE ]

 **** Installation completed successfully ******

     (Please allow oVirt Engine a few moments to start up.....)

**** To access oVirt Engine browse to http://kanri.example.com:80 ****

Additional information:
 * oVirt Engine CA SSL Certificate SHA1 fingerprint: 65:00:92:10:5A:7B:54:7B:B3:C9:F6:E0:D0:B1:15:CC:94:09:CD:C0
 * SSH Public key fingerprint: 06:c0:c4:07:48:e9:78:c6:36:27:38:b1:be:3c:3a:2c
 * A default ISO share has been created on this host.
   If IP based access restrictions are required, please edit /var/lib/exports/iso entry in /etc/exports
 * The firewall has been updated, the old iptables configuration file was saved to /var/lib/ovirt-engine/backups/iptables.backup.132735-07012013_1394
 * The installation log file is available at: /var/log/ovirt-engine/engine-setup_2013_07_01_13_24_52.log
 * Please use the user "admin" and password specified in order to login into oVirt Engine
 * To configure additional users, first configure authentication domains using the 'engine-manage-domains' utility

エラーが発生しなければ上記内容でインストールが完了します。
http://_管理サーバー_/にアクセスしてみましょう。

WS000179
このような画面が表示されていればインストールは完了です。

 

■ 仮想ホストサーバーの構築
続いて仮想ホストサーバーの導入です。KVMが動く環境が導入済みという事を想定しています。

・ネットワークの設定(例)
oVirtで初期構成時にネットワークが読み込まれるため、予めネットワーク名を決めておく必要があります。
ここではサンプルとしてeth0に使用する管理ポート、ovritmgmtブリッジを作成します。
※管理ポートにはovirtmgmtというブリッジ名を作成してください。

vi """""""""/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
--------------------------------------------------
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=none
NM_CONTROLLED=yes
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
BRIDGE""""""""" =ovirtmgmt
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0
--------------------------------------------------
DEVICE=ovirtmgmt
BOOTPROTO=none
NM_CONTROLLED=yes
ONBOOT=yes
TYPE=Bridge
IPADDR=_IPアドレス_
PREFIX=24
GATEWAY=_ルータアドレス_
DNS1=_DNSアドレス_
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="System br0"

・リポジトリの追加

cd /etc/yum.repos.d/
wget http://dev.centos.org/centos/6/ovirt/ovirt.repo

・前提ソフトウェアの追加(仮想ホスト側)

yum -y install vdsm

・uuidのランダム生成
本来不要な作業ですが、以下のコマンドを実行した時にこのような表示がされる事があります。

dmidecode -s system-uuid
03000200-0400-0500-0006-000700080009

この表示がされる機器ではuuidの被りが発生するため、
以下のコマンドを実行し、ランダムuuidを生成して登録します。

mkdir -p /etc/vdsm
cp /proc/sys/kernel/random/uuid /etc/vdsm/vdsm.id

上記により仮想ホストサーバーの登録準備ができました。

 

■ oVirtに仮想ホストを登録
さて、構築した仮想ホストサーバーをoVirtに登録したいと思います。

WS000181
ブラウザーから管理サーバーを表示し、Administrator Panelのリンクを押下すると上記ページが表示されます。
UserNameにはadminを、Passwordはインストール時に指定したパスワードを入力し、Loginボタンを押下します。

WS000182
このような管理ページに遷移されます。

WS000183
続いてHostsタブを押下し、Newボタンを押下します。

WS000184
仮想ホストの登録画面が表示されますので、ホスト名、IPアドレス、rootのパスワードを入力します。

WS000185
電源管理の設定警告が表示されますが無視して進みます。

WS000186
再びホストのタブに遷移します。
仮想ホストの登録が完了すると自動的に必要ソフトウェアのインストールと再起動が実行されます。

再起動後から約5分程度、反映に時間がかかりますが、
StatusがUpになったら仮想ホストサーバーの登録は完了です。

 

今回はoVirtのインストールと仮想ホストサーバーの登録まで行いました。
後半では登録した仮想ホストサーバー内にISOファイルの登録と仮想ゲストの構築を行いたいと思います。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+