Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

お問い合わせ

会社名任意
ご担当者様氏名必須
メールアドレス必須
お問合せ内容必須

個人情報保護方針

BLOG

会社のiMac(mid2011)が壊れたので「ホワイトボード」にした話

会社の方が使用しているiMacがある日突然
この様な画面に!

 

broken-thumb-409x306-219

 

 

調べてみるとグラフィックボードの故障だそうです。
このモデルのロジックボードを全替えすると
新しくiMacを買ったほうが安いとのこと。
仕事を早く再開したい!決断は早く新しいiMacを向かい入れる事に。

 

そして残された壊れかけのiMac。
デザインも素晴らしのでコレを 「 オシャレなホワイトボード 」 に変身させます。

 

準備したのは以下のモノです。

 

特殊ドライバー(T6,T8があればOKです)
吸盤(ガラスを外す際に必要です)
ホワイトボード(100円均一のを2個)
ホワイトボードのシート
上2つを除くと費用は1,500円ぐらいです。
アップル系の商品の分解に吸盤と星形ドライバーは必須なので
分解好きなひとは是非購入を。

 

では、作業工程です。と言いたいところですが、
作業に夢中で分解風景を散り忘れました。バラされた部品達の画像がこちらです。
使える部分はHDDとメモリ、CPU、ドライブぐらいでしょうか。
HDDはデータ救出のためにマウント、後は社内でパーツ予備として保管です。

 

August 25, 2014 at 0832AM-thumb-409x306-215

 

残った筐体部品のガラス面にホワイトボードの白い部分を作るためにシート貼っていきます。
気泡が絶対入りますので定規なので小まめに空気を抜いてあげて下さい。

 

IMG_1236-thumb-409x306-216

 

そしてシートの上に分解したホワイトボードの鉄板を固定します。
見切り発車で作ったので隙間が空いております。

 

IMG_1237-thumb-409x306-226

 

コレを筐体にはめ込むとこうなります。

 

IMG_1247-thumb-409x306-218

 

どうでしょか。オフィスにどデカいホワイトボード!
今ではちゃんとデザイン部門の方の連絡ボードとして活躍してくれてます。
アップルの製品は置いておくだけでも様になって

ページの先頭へ